沖縄剛柔流・泊手空手道協会 東海地区稽古内容

基本的な流れ

  • 準備運動・ストレッチ

  • 補助運用(基本)

  • 転身(移動)

  • カキエー(掛け合い)

  • 小手鍛え

  • 型の分解

  • 約束組手

型(剛柔流)

那覇に中心に広まっていた那覇手を継承した流派。

古来より沖縄に伝わる武術「手(ティー)」と、東恩納寛量先生が中国で学んだ鳴鶴拳がその源流と考えられる。

名称は、昭和5年宮城長順先生により命名された。

系統(剛泊会)

(那覇手)新垣世璋−謝如如(ルールーコー)−東恩納寛量−(剛柔流)宮城長順
−比嘉世幸−福地清幸−渡嘉敷唯賢

普及型
 撃砕一(ゲキサイイチ)、撃砕二(ゲキサイニ)
基本型
 三戦(サンチン)
開手型
 砕破(サイファ)、制引戦(セイエンチン)、三十六手(サンセール)、
 十八手(セイパイ)、四向戦(シソーチン)、十三手(セイサン)、
 久留頓破(クルルンファ)、壱百零八手(ペッチュウリン、スーパーリンペイ)
閉手形
 転掌(テンショウ)

剛柔流最大の謎を解け
月刊空手道 剛泊会関連特集
H17/09号 剛柔流最大の謎を解け!

型(泊手)

泊港には琉球王府による交易船乗務員の宿舎があったことから、泊の人々は外国人との交流の中で独自の手を生み出した。

「武士松茂良」と呼ばれた松茂良興作は、泊手中興の祖である。

泊手は、謎に包まれた流派と言われるが、そのことについては月刊空手道平成15年2月号に特集されている。

系統

宗久嘉隆、照屋規箴−松茂良興作−伊波興達−仲宗根正侑−渡嘉敷唯賢

ナイハンチ初段、ナイハンチ二段、ナイハンチ三段、ワンスー(大)、ワンスー(小)、ワンカン、チントウ、クーサンクー、ローハイ、パッサイ、リンカン

月刊空手道2003年2月号
月刊空手道 剛泊会関連特集
H15/02号 泊手の謎に迫れ!

イベント等

  • 昇級審査(春秋・年2回)

  • 沖縄総本部道場研修への参加(随時)

  • 沖縄空手・古武道世界大会への参加(4年毎・那覇)

  • 日中武術交流大会への参加(5年毎・中国)

  • カナダ地区演武交流大会への参加(5年毎・レスブリッジ)

inserted by FC2 system