沖縄剛柔流・泊手空手道協会 沿革

年代

内容

明治28年

仲宗根正侑先生、那覇市泊で出生される。

明治40年

仲宗根正侑先生、この頃より、松茂良興佐、伊波興達、真栄田義任、仲里睦弼らに師事される。

大正 8年

福地清幸先生、那覇市西新町で出生される。

昭和 8年

福地先生、宮城長順先生の高弟である比嘉世幸先生に師事される。この頃、仲宗根正侑先生は、比嘉世幸先生のところで交換稽古を行っていた。

昭和15年

渡嘉敷唯賢先生、那覇市で出生される。

昭和20年代中頃

渡嘉敷唯賢先生、仲宗根正侑先生に師事される。

昭和31年

渡嘉敷唯賢先生、福地清幸先生に師事される。

昭和36年

仲宗根正侑先生、第1回沖縄古武道大会で泊手を演武し、「泊手の錠(サーシ)の鍵(クワ)は私が握っている」と泊手継承を宣言する。

昭和39年

福地清幸先生、那覇市東町に沖縄空手道剛柔流専武館福地道場を開設される。

昭和41年

福地先生の師であり、仲宗根正侑先生とも親交が厚かった比嘉世幸先生逝去

昭和42年

全沖縄空手道連盟発足、福地清幸先生は全沖縄空手道連盟理事に選任される。専武館福地道場、東町より那覇市神里原に移転する。福地清幸先生、教士号を授与される。渡嘉敷唯賢先生、仲宗根正侑先生より師範免許を允許される。

昭和44年

日本武道館で初の特別模範演武「沖縄公開の夕べ」が行われ福地先生、渡嘉敷唯賢先生が演武される。

昭和45年

渡嘉敷唯賢先生、那覇市楚辺に専武館渡嘉敷道場を開設される。

昭和47年

福地清幸先生、全沖縄空手道連盟理事長に選任される。

昭和48年

金城嘉孝先生、カナダ、アルバータ洲レスブリッジに専武館カナダ支部を開設される。剛柔流開祖宮城長順先生20年祭が開催される。

昭和50年

福地清幸先生、全沖縄空手道連盟副会長に、渡嘉敷唯賢先生、同理事に選任される。7月18日、福地清幸先生逝去。渡嘉敷唯賢先生、二代目専武会会長に就任される。

昭和51年

渡嘉敷唯賢先生、仲宗根正侑先生より「泊松茂良派正心会館」を継承される。

昭和56年

渡嘉敷唯賢先生、全沖縄空手道連盟理事長に選任される。福地勲先生、専武館福地道場を引き継がれる。

昭和57年

渡嘉敷唯賢先生、仲宗根正侑先生より範士称号を授与される。沖縄空手道剛柔流専武会を、剛柔流と泊手を合わせた新しい流派として「沖縄剛柔流、泊手空手道振興会(剛泊会)」に改称される。剛泊会は、全沖縄空手道連盟理事会にて新しい流派として承認される。

昭和58年

剛泊会関東地区本部が開設。4月20日、仲宗根正侑先生逝去。剛泊会沖銀支部道場(上里一雄館長)が全沖縄空手道連盟理事会において加盟承認される。

昭和59年

第1回幹部研修会が開催される、以降定期的に開催されている。細矢悦司先生、剛泊会関東地区本部、江戸川支部を開設される。新谷雅哉先生、同松戸支部を開設される。平賀宣一先生、同堀切支部を開設される。城間輝和先生、那覇市古波蔵に剛泊会城間道場を開設される。幸喜純成先生、那覇市首里大名町に剛泊会幸喜道場を開設される。

昭和61年

沖縄剛柔流・泊手空手道協会に名称を変更する。沖縄伝統空手道研究会本部を創設する。上江洲肇先生、那覇市壺川に剛泊会上江洲道場を開設される。渡嘉敷唯賢先生、沖縄剛泊会空手道―20年のあゆみ―を発刊し、各方面より好評を博した。

昭和62年

年刊誌「ごうはく」を発刊、以降定期に発刊されている。第1回中国武術調査訪問を行う、以降熱心に訪問調査を続けている。

平成 2年

中国福建省にルールーコー師顕彰碑を建立する。

平成 6年

渡嘉敷唯賢先生、沖縄県教育長「空手歴史調査員」に委嘱される。渡嘉敷唯賢先生、沖縄県空手道連合会常任理事に選任される。

平成 7年

渡嘉敷唯賢先生、沖縄空手秘伝「武備志新釈」―現代語訳と技法の研究―を発刊される。

平成10年

剛泊会東海地区本部が開設

平成11年

渡嘉敷唯賢先生、中国福建省武術協会鳴鶴拳研究会委員となる。第1回沖縄空手道古武道世界大会に参加する。

平成12年

顕彰碑建立10周年記念式典が開催される。

平成15年

カナダ本部道場30周年記念大会が開催される。第2回沖縄空手道古武道世界大会に参加する。

平成16年

沖縄県東風平町に研修道場を開設される。

inserted by FC2 system